39歳で再び通うようになったライブが楽しくて仕方ない!

ライブに行くことが生きがいになっている私は、大体2ヶ月に一度のペースでライブに行っています。
10代の頃から様々なバンドのライブに行き、一度20代半ばで自然と足が遠のいたものの、39歳で再びライブに行くようになり、
今が一番自由にライブを楽しめている感じがします。
若い頃と違ってライブハウスに行っても前のほうで見たいという強い気持ちもなく、とにかくライブに行けるだけで幸せだと思える
ようになってるからでしょうね。とても気楽です。

楽しみにしているライブが近くなると仕事中でも自然と顔がほころび、少々大変なことがあっても頑張ろうという気持ちになれます。
非現実的な空間での一体感、自分が何にも縛られず自由に音楽を楽しめる喜び、これが私にとって生きる希望になっています。

30代後半は閉塞感でいっぱいの時期を経験していただけに、30代最後の年に再び音楽の道に戻りライブに通うようになったことは
私にとって人生の大きなことでした。
希望があるとこんなに前向きになれるものなんだな、と実感しています。
今も、次のライブではどの曲を聴けるのか、どんなパフォーマンスを見せてもらえるのかと思うだけで気持ちが明るくなってワクワク
します。ライブはもちろん、こんな風に気持ちが明るく前向きになれることが嬉しいです。
着物買取で札幌市の業者ならこちら